2017-07-07(Fri)

北海道トマム家族旅行4*帯広からトマムまでの道がコワイ!



そして、その後 ラーメンみすずさん(記事 バルサミコ酢のきいた担々麺♡帯広 ラーメンみすず♪ )に行ったり・六花亭に寄ったり・駅前をウロウロ・・・。



で、いよいよ夜トマムへと向かったのですが。



北海道で運転するのが初めてなもので、イメージとしては広い道を悠然と走るって思ってたんです。



対向車がなくて・道幅が広くて・広大すぎるから思わずスピードを出し過ぎちゃって捕まらないように注意、みたいな。




ところがどっこい。



帯広から、トマムへの道・・・意外と道幅が狭い!!



そして、片側一車線なところがほとんどで追い越せないのに、後ろに車がつくと速度制限~捕まらない程度のスピードを出してるのに、ぴったりして煽ってくる!!!




スポンサーリンク






高速でもない一般道で、多分そんなに出せないのに・・・せっかちが多いのかな!?



その上、街灯がほとんどなくて、何故か道の外側(東京だったら、ガードレールがありそうなところ)に、ライト無しの反射板で↓マークの標識のようなものがずらーっと道の脇に並んでて・・・。



矢羽根
出典http://www.hokkaidolikers.com/articles/3295



昼間、コレなんの意味があるんだろう・・・と思ってたんですよ。



そしたらこれって、電気・電線不要で「ここまでが道です」って示してるんですね。



と言うのも、街灯がない真っ暗闇なところで、自分の車のライトだけで走行していて・・・対向車が珍しくやってきたら、もうそのライトで眩しくて道に書いてある白線(中心線も、歩道との境目を示す線も)全く見えなくなっちゃう瞬間があるんですよ。



そう言う時は、この↓を目安に大体で車の位置を感じながら、運転するしかなくて・・・おっかなかったです!!



それに、やっぱり北海道って広大だから、対向車線に車がいないときにですね。




スポンサーリンク






道と地平線の境が明るくなってきて(夕日が落ちたばかりの空の逆みたいな感じ)、あれあっちに街明りでもあるのかな?それとも星?月??なんて悠長に思ってたら。



そこから対向車のライトが後光を放った天使のように眩しく光って、目に刺さる展開が。。



そうなると、また↓だよりになんとなくで運転するしかないから、もう空の下の部分が明るくなってきたら恐怖を覚えるようになっちゃいましたよ。



しかもしかも、たまにそれが・・・片側一車線のハズなのに、まぶしさが異様で・よく見るとライトがよっつあって・・・。



つまり、本当はダメなのに(?)対向車線でこっちの車線にまではみだして追い越そうとしてるんです。



ウィンカーも出さずに。




結構ギリギリで追い越して、またもやウィンカーを出さずに平然と元の車線に戻って、こっちが減速しないとぶつかりそうなほどでした。



あれ旅行者なのかな・・・それとも道民?



よくこんな暗くてコワイ道で、そんな大胆なことをするなぁ・・・ってビックリしてしまいました。


sponsored link

関連記事
ランキング
カテゴリ
◆全記事一覧◆
*AD*
AD
AD
プロフィール

凪

Author:凪
都内在住・兼業主婦。


子供が大きくなったので、自分1人でもあちこち地味に飛び回ってます。

お一人様は基本的に平気だけどやっぱり居心地の良さの違いってあると思うし、たまには家族の食いつきの良い場所も探しているので、備忘録ついでにブログにメモしていきます♪


※評価の点数は、その時の直感でつけてます。お店の味や雰囲気が変わることもあるので、多少流動的です^^;。

最新記事
AD
AD