2016-12-07(Wed)

2☆中田ヤスタカ・きゃりーぱみゅぱみゅツーマンライブ行ってきた



この画像だと、そこまで狭く見えないかな?でも、結構小さいスペースでした。


ゼップダイバーシティ


うん・結果、確かに平気だったけどちょっとびっくり。



あとビックリと言えば、入場・・・整理番号はAのつく番号が先で、Bは後かと思ってたら同時入場だったw。



「A・Bの10番までお入り下さい」とかアナウンスされると、どんどん中に入っていく流れ。



Aが先で、Bが後の場合もあるみたいなんですけどね。その違いはなんなんだろう。



私はAの200位だったのですが、一番会場に近いロッカー(廊下)は、その時はまだいっぱい空いていました。



でもさすがに最前列は無理だったw。ゼップダイバーシティ東京は ガードレールの背をものすごく高くしたような「もたれるバー」が1列目の前、そして多分7~10列目のあたりと、ぐるっと何セットかあるので、将棋倒しにならないし・ちょっと後ろでも背が低い人で無ければそのバーに寄りかかってみた方が、ラクなのかも。






スポンサーリンク







私は背があんまり高くないので、一列目で背の低そうな女性の後ろに立ちましたw。



でも、舞台がよく見える位置にして正解だった!!音楽やパフォーマンスは勿論、映像と照明・演出もかっこよすぎて鼻血でそうでしたw。



これは、一瞬でも見逃したくない感じ。



DJブースは上下に二つあって、上の方は前に透明なモニタが張られていて、映像が流れたり・止まったり・その濃淡によっては奥の中田さんやきゃりーが見える仕掛けになっていて、これまた音とうまくあったライティングをするものだから、痺れまくり。



きゃりーはいつもの決まった振り付けを踊っていく感じじゃ無くて、「do do pi do」を歌いながら「aha」や「oh yeah!」の部分で扇子で客席を煽ったり、「きらきらキラー」ではツアータオルを振り上げたり・回したりしてみんなで一体になったり。



「にんじゃりばんばん」では 間奏の間にかっこよく「Jump!Jump!」と叫んで、お客さんと飛び跳ねたり。



あと赤い扇子で、DJブースにいる中田さんの方をめがけて「こちらにおわしまするがかの大先生・・・」くらいの勢い(?)でゆっくり意味ありげにあおいで、お客さんを盛り上げてたり。



ゼップダイバーシティ



チェリーボンボンでは親指と人差し指で輪っかを作って、他の指は軽く伸ばした状態で「ボンボン」の時に突き上げて、お客さんとフリを合わせて貰ったりしてたかな(記憶違いだったら、ごめんなさい)。





スポンサーリンク








普段のライブも踊れる感じなんだろうけど、このツーマンの踊れる度合いがハンパなくてビックリしたし、とっても楽しかったです。



イベントやクラブでも、にんじゃりばんばんとかCANDY CANDYのリミックスとかお客さん踊りまくってたのに、ご本人登場で煽りまくるもんだから、翌日筋肉痛w。



ほぼMCなしで、ノンストップ2時間だったもんな。喋ったら、中田さんが超棒読みで笑えたけどw。



あ~、楽しかった、これまたやるっぽい事言ってたから、楽しみにしていようっと。



ちなみにWOWWOWで12/24に1.5時間、放送するそうです。



30分ぶんは、他人の曲でカットせざるを得ないPPAPとかかな?





このYを組み合わせたようなライトも、部分的に光ったり、色々・・・ほんと格好良かったなぁ(でもセットの経費、とっても高そう!?)



そして帰路のガンダムはライトがともっていて、また違う趣がありました。



お一人様楽勝度・・・★5(年齢・客層バラバラ・老若男女/時間を潰す場所がいっぱいある/一応都内)




sponsored link

関連記事
ランキング
カテゴリ
◆全記事一覧◆
*AD*
AD
AD
プロフィール

凪

Author:凪
都内在住・兼業主婦。


子供が大きくなったので、自分1人でもあちこち地味に飛び回ってます。

お一人様は基本的に平気だけどやっぱり居心地の良さの違いってあると思うし、たまには家族の食いつきの良い場所も探しているので、備忘録ついでにブログにメモしていきます♪


※評価の点数は、その時の直感でつけてます。お店の味や雰囲気が変わることもあるので、多少流動的です^^;。

最新記事
AD
AD