2017-10-07(Sat)

【滋賀】ぶらりおひとりさま旅:彦根城とひこにゃんの後に近江牛うどん食べてきた♪





彦根城でひこにゃんを見て、天守閣を見た後は・・・すぐそこにある、近江牛肉うどん 麺匠ちゃかぽん さんへ。



近江牛肉うどん 麺匠ちゃかぽん




こちらは彦根城にも・お土産ストリートにも近くて、ロケーションはばっちり。



出汁が入ったポットと一緒に、生の肉が乗ったうどんが到着♪



近江牛肉うどん 麺匠ちゃかぽん






スポンサーリンク






出汁を注ぎ込むと、



近江牛肉うどん 麺匠ちゃかぽん



お肉の色がほんのりと変わります。



このレアっぽい瞬間に食べなきゃ!!と急いで箸を取りましたw。



うん、出汁おいしいーーー!お肉が柔らかい!!!



ちなみに、私が頼んだのはこの



近江牛肉うどん 麺匠ちゃかぽん



直孝公をイメージした、二代目うどん。赤味噌で調理した出汁が美味です!!




スポンサーリンク







ちなみにこちら、店名の由来は・・・



近江牛肉うどん 麺匠ちゃかぽん



ちゃ・か・ぽん = 茶 ・ 歌 ・ぽん(能の太鼓の音)



・・・で、彦根藩主の十四男として生まれ、藩主になる見込みのなかった井伊直弼公は、青年期を離れ屋敷で過ごし、学問・茶道・歌道・能などの文化の造詣が深まったので、この「ちゃかぽん」と言うニックネームをつけられていたんだそう。



そして直弼は家康に召し抱えられ、一番の切り込み隊長として認められるほどの立場になり、「赤鬼」との異名がつけられるほどになったそう。。



ちゃかぽんから赤鬼は、すっごい振り幅ですね・・・^^。




ちなみにこの器は幻の湖東焼の復興に情熱をささげる陶芸家:中川一志郎先生が、ひとつひとつ手作りで焼き上げた陶器らしいです。



色々こだわりのあるお店でした♪


近江牛肉うどん 麺匠ちゃかぽん








おひとり様楽勝度 ★4.2


個人的食べログ点数 ★3.7




sponsored link

関連記事
ランキング
カテゴリ
◆全記事一覧◆
*AD*
AD
AD
プロフィール

凪

Author:凪
都内在住・兼業主婦。


子供が大きくなったので、自分1人でもあちこち地味に飛び回ってます。

お一人様は基本的に平気だけどやっぱり居心地の良さの違いってあると思うし、たまには家族の食いつきの良い場所も探しているので、備忘録ついでにブログにメモしていきます♪


※評価の点数は、その時の直感でつけてます。お店の味や雰囲気が変わることもあるので、多少流動的です^^;。

最新記事
AD
AD